グルメchaooトップ > フォトスタジオ
撮影した料理写真があまりおいしそうに見えない…。
そんな経験ありませんか?
グルメchaooでは知っておくと上手に撮影できる“ポイント”をご紹介。
キレイな写真を撮影して、おいしい思い出を色あせることなく残しましょう。
 
左にある2枚の写真。まったく同じ物を撮影したものですが、イメージが違います。どこが違うかわかりますか? この違いを理解することが上達への近道なのです。結論から言いますと、この2枚の写真は構図と明るさに大きな差があります。撮影時には明るさや構図に配慮しましょう。
 
料理写真を撮影する場合、四角い画面の中でメインの料理を一番大きく、その他は、画面の隙間を埋めるように配置することが基本になります。この場合はパスタがメインになります。パンやサラダ、ドリンクは画面の端にちょっと写っているだけで十分です。この料理を知らない人が見たときにメインは何かがはっきりわかるように画面の中に大きく写すことを心がけましょう。
 
立地条件やインテリアの配置など店ごとに特長があるため、難しいかもしれませんが、なるべく明るい場所で撮影する必要があります。料理の奥から光が入ってくるような状況(一般的にいわれる逆光)で撮影すれば、さらに魅力的な写真を撮影することができます。図のように昼間に窓から入る光を利用して撮影することをおすすめします。
 
左の写真のようにブレてしまったことはありませんか?暗い場所で撮影するとブレが生じやすくなります。カメラ内蔵のフラッシュを使用すると、あまりおいしそうな写真にはなりません。その場合はISO感度を高感度に設定、三脚などを使いカメラを固定することでブレの少ない写真を撮影することができます。
 
同じ物を撮影しても角度により、大きくイメージは変わります。左のA、B、C地点から撮影した場合、上のような写真になります。角度によりボリューム感が違うのは一目瞭然です。ポイントは実際に目にする角度での撮影。料理に立体感が生まれ、想像力がかき立てられます。
 
それでは、付加価値を高めるテクニックを紹介しましょう。左の写真は同じものを同じアングルで撮影したものです。3つの違いは背景にあります。テーブルによりイメージはまったく変わります。また、テーブルクロスの色によりイメージを変えることも可能です。また、皿の色でも大きく印象は変わります。
さらに、小物を使用することで新鮮さや季節感が表現できます。小物を使用する場合でも何がメインなのかをはっきりとさせ、空いたスペースに小物を置くようにしましょう。
Q. カメラのことがよくわかりません。説明書も厚くて読めないし。簡単に撮影できる方法はありますか?
A. カメラに搭載されている料理モードなどを使用することで簡単に設定できます。機種によって違いますが、メニューリストから選択できます。搭載されているモードを上手に使いこなせば人物や背景もうまく撮影できますよ。
 
Q. 料理がうまく並べられません。どうしたらいいですか?
A. まずは一皿でうまく撮影できるように練習しましょう。写真を通して何を一番伝えたいのかを考え、メリハリをつけると上手く撮影ができるはずです。また、カメラを三脚などで固定しておき、ファインダーを見ながら料理を並べることをオススメします。
 
Q. 撮影サイズがわかりません。どれを選べばいいですか?
A. ブログなどのWEB用で使用する場合は640×480画素でOKです。紙媒体で使用する場合は1600×1200画素以上で撮影してください。機種やメーカーにより多少サイズの幅がありますが、あまり小さなサイズでの撮影はオススメできません。